迷子猫・迷子鳥・迷子犬探しなら、ポスター/チラシ制作「ねこてっくす」
お問い合わせ
商品メニュー
迷子ペットを前向きにさがすための心がまえ

迷子情報配信中 迷子ペット掲示板 ねこてっくすtwitter
お役立ち情報

営業日のご案内   

●営業時間
11:00〜13:00 / 19:00〜22:00

みつかった迷子ペット実例集
ねこてっくすご利用案内
ねこてっくすスマホサイト0 /

カテゴリー
おすすめ商品
商品検索

ショップ紹介

店主のニイムラです
かけがえのない大切な家族との日々を、一日でも早く取り戻せますように。不安、焦り、弱気、そんな気持ちでいっぱいの飼い主さんが、少しでも前向きに探せますように、そして大切な愛しい家族とまた会えますように。それらを信じて、私たちはチラシをお作りします。 ねこてっくす店主/イラストレーター ニイムラ
▼リンク用のバナーです。
ねこてっくすバナー220 /

個人情報はSSLで保護されています

rss atom

Check

迷子猫が保護された経緯



■ 愛知県・キジトラ猫・くろちゃん

行方不明になってしまいましたが…


    ■□■17日後、50m先で無事に保護されました!■□■

 
捜索チラシ  










飼い主さまより


■1通目

昨夜、無事に愛娘のくろが近所の方の目撃情報により、
帰って参りました!

爪などに出血はありますが、
食欲もあり元気な様子です。

捜索の間のパニックの中、
ねこてっくすさんにお願いしたチラシが、
くろと私達家族を繋いでくれた大切な糸になりました。

色々な方々とのご縁も「糸」によるところで、
いっぱい頂きました。

ねこてっくすさんのチラシで頂いた情報で
今近くにくろが寝ているのだと、
本当に感謝してもしきれません。

この度は、本当にありがとうございました。




■2通目

本当に今、思い出しても胸が苦しくなる17日間でした。

天気が悪くなる度にもどかしく、
風が吹けばこんな寒い中でどこに…
と泣きたくなるのを堪えて探していたのを思い出します。

草むらを掻き分けて捜索し、
転んだ事も痛い教えになりました。

今、大切な家族を探しておられる方々の、
何かになれば幸いです。


失踪〜発見までの経緯


日常の中で1週間のうちに1〜2回程度、
飼い主が抱いた状態で兄妹猫二匹を散歩に連れて行っていました。

【1月13日】
20:30頃、主人が帰宅した際に「散歩」にまずオスの猫を、
その後にもう一匹のメス猫の「くろ」を連れて行こうとした時に、
くろが少し開いていた玄関から脱走。

主人が走り去るくろを追いかけるも、
アパートを東方向へ回り切ったところで見失ってしまう。


【1月14日】
警察、愛護センター(保健所)へ連絡。
ねこてっくすさんにチラシを依頼。

自作の簡易的なチラシを先にポスティングしていた際に、
居住アパート前のお宅からゴミ捨て場に猫がいたと話をうかがう。
いつも見てる猫かと思った、との事。
16:00頃、くろっぽい猫をアパートと柵の間で発見。
呼び掛けるも隣の草むらに入ってしまうのを確認。
前のお宅の方から19:00頃にゴミ捨て場にいた、
と連絡があり周囲を時間をおいて見回るも見当たらず。


【1月15日】
ねこてっくすさんのチラシを範囲を広げてポスティング。
捕獲器を用意。設置するが、違う猫。
くろが入っていると思っていただけに、
かなりメンタルにきました。

玄関前や草むらにフード、猫砂を置く。
朝昼夕夜と捜索の期間中、見回りを毎日していましたが、
自分達が入浴した湯をまくといいと聞き、
この日から見回りの時に道しるべのようにしていました。


【1月16日】
情報が入らず。
チラシをさらに150mまで広げる。
ガソリンスタンドや近所の自動販売機、
ヤクルトの方、新聞配達の事務所にもチラシを貼らせて頂く。
衰弱して動けずにいたら…
と居住アパート隣の草むらへ入って捜索。

何も見当たらず。


【1月17日〜1月26日】
この期間、情報を頂くも、くろではない日々。

しかも、雨が2日間続けてあったり、
夜から激しい雨といった状況に、
焦りと嫌な想像にこの頃が1番辛かったし、
くろへの申し訳なさでやりきれませんでした。

あと、稲荷神社で迷子になった猫さんの愛用の食器を
お稲荷さんの頭に乗せて願掛けをすると帰ってくる、
と教えて頂き、雨で手詰まりなら、
とこの時期は神頼みやおまじないもしました。


【1月27日】
いつもの夕方の見回り時に、
居住アパートから50m程の側溝を習慣のように無意識に見ると、
側溝の暗がりに猫の目を確認!

ダメ元で「くろ」と声を掛けると「ニャァアッ!」

草むらに置いていたフードと常備していたチュールを差し出しながら
「くろ」と呼び掛けるとさらに
大きく長く鳴き返してくれる猫にこれは…!!
と動揺を抑えながら声掛けしながら姿を確認しようとしていると、

近所の方が「探しとる猫がいるの?!」と側溝の網を外そうとされ、
猫が逃げてしまう。

溝に捕獲器を設置。捕獲器空。
違うポイントにも置いたフードも食べた形跡無し。


【1月28日】
昨日の側溝のすぐ隣のAさんのお宅から
「うちの畑によく似た猫がいた」と連絡あり。

チラシの特徴に記載した「背中の黒いライン」を見たとの事。
Aさんのご厚意でフードを置かせて頂く。
翌朝全て食べてある。


【1月29日】
夕方、降雪。
もう残された時間はないような気がして、
仕事終わりに捕獲器を置かせて頂く許可を頂く。


【1月30日】
Aさんのご厚意で、
17:00頃保護器をガレージに設置させて頂く。

19:00頃、捕獲器にくろが入っているのを確認!



保護時は、爪の出血、肉球の傷、
体重減少と声が出ないくらい枯れていましたが、

今は少しですが、声枯れも戻り、甘えん坊を発揮しています。

兄妹猫との関係が微妙な状況ですが、
点滴を病院でしたので、シャンプーを見合わせていましたが、
シャンプーを兄妹猫と一緒のタイミングにして、
様子をみていくつもりです。


やはり、
ねこてっくすさんのチラシで情報がかなり頂けた事が大きかったと思います。


あと、メールの文が本当に優しく、
捜索を開始した手探りのパニックな時に、
本当に癒しになりました。


担当の方、
ねこてっくすの皆様に改めてお礼を申し上げます。

本当にありがとうございました!

あっ。脱走防止対策、徹底的にします!


【飼い主様からのメールをそのまま掲載させていただきました】




■ 群馬県・サバトラ猫・りんちゃん

行方不明になってしまいましたが…


    ■□■51日後、500m先で無事に保護されました!■□■

 
捜索チラシ  














飼い主さまより


りん、保護当日の出来事のご報告。

朝、9時頃に自宅の電話が鳴りました。
その内容は
「10分ぐらい前に十字路の角で、うずくまっているのを見かけた」
との目撃情報でした。

電話を切り、すぐ現場へ行くも違う猫。
(その猫は以前、ねこてっくすさんチラシで他の方が目撃情報をくれた猫でした)

情報をくださった方に、
「(違う猫でしたが)情報をありがとうございました」のお礼の電話をした際、
妙な胸騒ぎがして再度、目撃場所の確認をしたところ、
こちらが場所を誤っていた事が判明。

すぐに目撃をした正しい場所へ行き、
名前を呼びながら探すも発見できず…。

数時間後、再度捜索。
ありがたい事に目撃情報提供者様が、
お仕事をされていて急がしい最中なのに駆けつけてくださって、
目撃当時の様子を教えてくれました。

それだけでも嬉しく心強かったのに少し探すのを手伝ってくれました。


目撃情報さんとは仕事があるため、お別れ。
(一旦、お昼に帰ってきてる感じなのかな?)
別れた後、
目撃の場所周辺に、ねこてっくすさんチラシをポスティング。
ポスティング中、また胸騒ぎ…。

うずくまっていたとされる十字路の角には、
小さな工場があるのですが、
そこは猫が身を潜めるにはよさそうな感じの所。
ふと、気になり、柵を覗きながら名前を何回か呼ぶ。

その時、
茂みからカサカサと音が!

猫が出てきた!
りんでした!!発見です!!!

その場所は、
ブロック塀と柵で囲まれている為、
名前を呼びながら捕まえられる所まで誘導。
脇目も振らず、ニャーニャー鳴きながら
一目散に小走りで駆けて来てくるりんを無事に保護!!

そのまま、抱きかかえながら無我夢中で徒歩で家に到着。
この時の時間、12時30分〜13時。

1月15日(金)、
保護(発見)場所は、自宅から400〜500メートルぐらい(多分)で方角は北。
目撃情報時間から約4時間後、
行方不明(離ればなれ)から51日目。
やっと再会できました。

そして、
りんと私たち家族の探し・探されの長い日々が終わりました。

保護した時の、りんは、かなり痩せてしまっていて、声も枯れていました。
(18日、病院で体重測定したら、1.7キロ減っていました)
家に着いてからは、
ご飯を食べ、水をガブガブ飲んで寝るも、
小さい物音で起きてしまい、周囲を確認する動作。
これを繰り返す。

どんなに神経を尖らせ、心ぼそく、
過酷であっただろう日々を過ごしていたのかと考えると涙が止まりません。

怖い思いをさせてゴメンね。

それと同時に、
りんの生命力・精神力を信じていたので本当に無事でいてくれてよかった。
本当に本当に頑張って生き延びてくれました。
ありがとう。

目撃情報提供者さんには感謝しても感謝しきれません。
失礼だと思いますが、この場をかりて御礼申し上げます。
りんと私たち家族を再び引き合わせてくれてありがとうございました。
(ねこてっくすさんに依頼前、
自前で作成した写真付きチラシを見ていてくださっていて、
気にかけてくれていたようです。既にお礼済み)



そして、ねこてっくす様。
見やすさ、分かりやすさ、
再び会えると願いを込めて作成していただいたチラシをありがとうございました。
(ねこてっくすさん作成チラシは新聞折り込み(同地区のみ)に投入。
情報提供が入るも違う猫。ポスティングに使用)


ねこてっくすさんTwitterを活用の皆様、ありがとうございました。

全ての人に幸あれ!!!!!


【飼い主様からのメールをそのまま掲載させていただきました】




次のページ

配送方法・送料
支払方法

●各種クレジットカード(VISA / MASTER / DINERS /
JCB / AMERICAN EXPRESS)
※クレジットカード決済代行のイプシロン株式会社
の決済代行サービスを利用しております。

●銀行振込(楽天銀行)
 【ご入金確認後に制作いたします】
※振込手数料はお客様ご負担にてお願い致します。
※ご入金確認後、または入金のご連絡(振込明細書などの添付)を いただきましたら、制作・発送いたします。

※ご注文後5日以内にご入金がない場合は、キャンセルとなりますのでご了承ください。

 詳しくはお支払い方法をご確認ください。

●迷子ペットポスター・チラシは【全国送料無料】

配送先やお荷物の量により、当店指定便(日本郵便/ヤマト運輸)で配送いたします。

※北海道・沖縄県は、発送が中1日かかります。
※時間指定は、夜間のみ承ります。
(ご指定がない場合は最短のお届けになります)
※追跡サービスをご利用いただけます。

詳しくは配送方法をご確認ください。